コケオとテレビがつまらない理由を分析

どうも、お勉強ラッパーのCo.慶応(@Co_Keio)です。
YouTubeでお勉強ラップをたくさんあげてます。よかったらチェックしてください♪


去年の秋頃から急激にYouTube再生回数が落ち込んできてて、ちょっと手を打たないといけないと日々考えてます。

自分だけ作品作って満足してるなら、「勝手に一人カラオケで歌ってろ」って感じですもんねw

作るからには人に届けなくてはならない。そこを考えないのは怠慢。

頑張らなくては。

軸を作って分類

まずは現状把握、どう分類するか?

僕は下記分類方法を今回選ぶ。

分類方法
  1. リアルか非リアル(作りもの)
  2. クオリティの高い・低い

1のリアルについては、「ドキュメント」的な意味。

実際の生活の一部。嘘じゃなく、本当。真実。

そんなニュアンス。

2のクオリティは、「綺麗な映像」「質の高い音楽・ネタ・台本」とかそういうニュアンスかな。定義はどうしても曖昧になってしまう。

具体的なエンタメを座標軸表示

上記軸に沿って、マッピングするとこんな感じではないか?


第1象限:クオリティが高く・リアル

リアルというのは、リアルタイムで作ってたり、行っている活動というのが含まれる。

キンコン西野さん・・・みんなで「えんとつ町のプペル」を作って、かつオンラインサロンメンバー巻き込んでリアルタイムで動いている。
映画化まで決まって、マジでクオリティとしてもやばい。

お金が入ってきたYouTuberもこの枠にどんどん入ってきてる。
ジョーブログさんなんかがいい例じゃないだろうか?
生き様を全てリアルに発信。その内容も規模がどんどん大きくなり、アフリカ縦断?横断?みたいなリアルでありながら、資金を使った大きな企画へ。

第2象限:クオリティ高く・作りもの

映画がこの枠というのが一番わかりやすい。

SF映画なんか何百億とかかけて作ってる。それが今ではAmazonはじめ多くの動画配信サイトで手軽に見れるようになってる。

日本のテレビやAbemaもこの枠だがクオリティとしては映画まではいかないので、この枠でありながら、真ん中の原点に近い

第3象限:クオリティ低く・作りもの

図にも書いてあるが、売れてない芸人・アーティストはこの枠だろう。

ネタなんかがいい例で、完全に3分間の作りもの。

第4象限:クオリティ低く・リアル

多くのYouTuberがこの枠。

どのポジションがいいの?

基本的に、みんなのいないポジションを取るのがマーケティングの大原則。

象限内の人口をみると、おそらくこの順番でライバル人口が少ない。

第1象限
第2・第4象限
第3象限

なので、やっぱり第1象限を目指すのが賢明かと。

また象限の中でも原点から離れれば離れるほど、ライバルは少なくなるので希少性が出てくる。

何故コケオ&テレビはオワコンか?

結論いうと、『取ってるポジションが中途半端』だから。

まず第1象限にいけてない。第2象限(今までのコケオはテレビポジションの下くらいかな?)にいて、かつ突き抜けてない。

第2象限にいるなら映画に勝たなきゃ、もしくは象限を変えるか?

でもまぁテレビはスポンサー縛りがあるから、なかなか動けないよね。

コケオは?

僕コケオは動けます。今までは甘えてただけ。

よって、まずは原点に近くてもいいので、第1象限に移動してます。

それが、#教科書のラップ化の委員長制

僕一人が黙々と作ってたら、今までと同じ。

それでは、いつまで経っても、作品が見られないので、「みんなでリアルに作る」これを心がけてる。

分析して改めてですが、この方法じゃないとダメだね、やっぱり。

数学ラップの一つを任せているだいきくんが今日進捗をTweetしてた!

いやいや、ばちくそ、面白そうだ!

後世に残る教科書、一緒に作る人、募集中!
委員長に名前が入ってないところが空きです。

本日のコケ大給食

2/26(火)

●ごはん
●牛乳
●はくさいの中華煮
●みそ汁
●アセロラゼリー




Twitterフォローしてね!

スキル切り売り!ちょっと立ち寄って!

【初めての方へ】僕の人生目標!!!!

Twitterでコケ大生(大人向け)募集中!

YouTubeでコケ中生(学生向け)募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)