【1685年:生類憐みの令】の語呂合わせ!『拾ったハチ公〜』

Co.慶応
どうも、お勉強ラッパーCo.慶応です。
お勉強ラップ100本以上、チャンネル登録者約7万人のYouTubeチャンネルを運営しています。

日本史の年号語呂合わせは、全部ラップにしてるので是非参考にしてね!
※『ラップで覚える中学歴史

【1685年:生類憐みの令】の語呂合わせ!

1685年の語呂合わせ

1685[拾ったハチ公] 上手に抱え!見とけ!

綱吉の生類憐みの令

1685年の出来事

1685年、徳川綱吉が生類憐みの令を出しました。
犬などを大切にする保護する、極端な動物愛護令でした。

この時代、幕府の財政が悪化し、質の悪い貨幣が発行されました。

〜関連サイトをご紹介〜

生類憐みの令(しょうるいあわれみのれい)は、江戸時代前期、第5代将軍徳川綱吉によって制定された、「生類を憐れむ」ことを趣旨とした動物・嬰児・傷病人保護を目的とした諸法令の通称。
1本の成文法ではなく、綱吉時代に行われた生類を憐れむことを趣旨とした諸法令の総体である。

保護する対象は、捨て子や病人、高齢者、そして動物である。
対象とされた動物は、犬、猫、鳥、魚類、貝類、昆虫類などにまで及んだ。

生類憐みの令|wikipedia

Co.慶応
ラップで覚えると、さらに覚えやすいよ!
こんな感じ!聞いてみて!
〜ラップver.〜

ラップで覚えるポイント!

1685年の語呂合わせ

1685[拾ったハチ公] 上手に抱え!見とけ!

綱吉の( 生類憐みの令 )

上手に抱え!見とけ!」と「生類憐みの令」で韻を踏んでる(響きが似てる。どちらも母音が”おううい・ああえい・おえい”)ので、音楽を聞いていれば、自然と1685年の出来事を口ずさめるようになります♪
第5代綱吉が出したという内容も歌詞に含めましたので、合わせて覚えちゃいましょう♪

暗記ver.の動画も作ってます♪

1685年の語呂合わせも入った「江戸時代ラップ」(サンプル)

『ラップで覚える中学歴史』

中学歴史の年号・語呂合わせを全て、ラップ聞くだけで覚えられます♪

《サンプル動画》全10曲+おまけ1曲

実際の利用者の定着率はこちら!
年号を言うだけで、すぐにその年の出来事を回答

※音声は出ません。

✔︎YouTubeのメンバーシップにて販売中!
✔︎月額490円
✔︎返金保証付き→ご連絡ください♪

中学歴史はこれでマスター!
公立高校受験レベルは全網羅してるので、中間・期末試験にも使えます♪

※YouTubeのメンバーシップ画面へ移ります