【1772年:田沼意次が老中】の語呂合わせ!『柔軟なつもり〜』

Co.慶応
どうも、お勉強ラッパーCo.慶応です。
お勉強ラップ100本以上、チャンネル登録者約7万人のYouTubeチャンネルを運営しています。

日本史の年号語呂合わせは、全部ラップにしてるので是非参考にしてね!
※『ラップで覚える中学歴史

【1772年:田沼意次が老中】の語呂合わせ!

1772年の語呂合わせ

1772[柔軟なつもり?] 奴が取り組む

賄賂!老中!田沼意次!

1772年の出来事

1772年、田沼意次が老中となりました。
株仲間を積極的に作らせ、商業中心の政治を行いました。

幕府役人のあいだで賄賂による人事が横行するなど、武士本来の士風を退廃させたとする批判がおこりました。

〜関連サイトをご紹介〜

この時代、株仲間の公認に際し、特権を得ようと賄賂の贈与が横行し、「役人の子はにぎにぎをよくおぼへ」や「役人の骨っぽいのは猪牙にのせ」などと風刺された。ただし、田沼時代の賄賂政治は田沼の功利的経済政策の仕組み上必然的に起きており、田沼の個人的好みなどに、その原因を求めるべきではない。

田沼意次 賄賂政治家という風聞|wikipedia

 

Co.慶応
ラップで覚えると、さらに覚えやすいよ!
こんな感じ!聞いてみて!
〜ラップver.〜

ラップで覚えるポイント!

1772年の語呂合わせ

1772[柔軟なつもり?] 奴が取り組む

賄賂!老中!( 田沼意次 )

奴が取り組む」と「田沼意次」で韻を踏んでる(響きが似てる。どちらも母音が”あうあ・おいうう”)ので、音楽を聞いていれば、自然と1772年の出来事を口ずさめるようになります♪
賄賂や老中だったことが田沼の代名詞なので、それも合わせて覚えましょう♪

暗記ver.の動画も作ってます♪

1772年の語呂合わせも入った「江戸時代ラップ」(サンプル)

『ラップで覚える中学歴史』

中学歴史の年号・語呂合わせを全て、ラップ聞くだけで覚えられます♪

《サンプル動画》全10曲+おまけ1曲

実際の利用者の定着率はこちら!
年号を言うだけで、すぐにその年の出来事を回答

※音声は出ません。

✔︎YouTubeのメンバーシップにて販売中!
✔︎月額490円
✔︎返金保証付き→ご連絡ください♪

中学歴史はこれでマスター!
公立高校受験レベルは全網羅してるので、中間・期末試験にも使えます♪

※YouTubeのメンバーシップ画面へ移ります