【1833年:天保の飢饉】の語呂合わせ!『いやー、散々〜』

Co.慶応
どうも、お勉強ラッパーCo.慶応です。
お勉強ラップ100本以上、チャンネル登録者約7万人のYouTubeチャンネルを運営しています。

日本史の年号語呂合わせは、全部ラップにしてるので是非参考にしてね!
※『ラップで覚える中学歴史

【1833年:天保の飢饉】の語呂合わせ!

1833年の語呂合わせ

1833[いやー、散々] 悪天候の日々

百姓一揆も!天保の飢饉

1833年の出来事

1833年、天保の飢饉が起きました。
全国的な冷害により飢饉が発生しました。

特に東北地方で多くの餓死者が出ました。
農村では百姓一揆、都市部では打ちこわしが続出しました。

〜関連サイトをご紹介〜

天保の大飢饉(てんぽうのだいききん)は江戸時代後期の1833年(天保4年)に始まり、1835年から1837年にかけて最大規模化した飢饉である。1839年(天保10年)まで続いた。1836年(天保7年)までと定義する説もある。

寛永・享保・天明に続く江戸四大飢饉の一つで、寛永の飢饉を除いた江戸三大飢饉のひとつ。単に天保の飢饉とも言う。

天保の大飢饉|wikipedia

Co.慶応
ラップで覚えると、さらに覚えやすいよ!
こんな感じ!聞いてみて!
〜ラップver.〜

ラップで覚えるポイント!

1833年の語呂合わせ

1833[いやー、散々] 悪天候の日々

百姓一揆も!( 天保の飢饉 )

悪)天候の日々」と「天保の飢饉」で韻を踏んでる(響きが似てる。どちらも母音が”えんおう・お・いいん”)ので、音楽を聞いていれば、自然と1833年の出来事を口ずさめるようになります♪
百姓一揆も多発した旨を含めましたので、合わせて覚えちゃいましょう♪

暗記ver.の動画も作ってます♪

1833年の語呂合わせも入った「江戸時代ラップ」(サンプル)

『ラップで覚える中学歴史』

中学歴史の年号・語呂合わせを全て、ラップ聞くだけで覚えられます♪

《サンプル動画》全10曲+おまけ1曲

実際の利用者の定着率はこちら!
年号を言うだけで、すぐにその年の出来事を回答

※音声は出ません。

✔︎YouTubeのメンバーシップにて販売中!
✔︎月額490円
✔︎返金保証付き→ご連絡ください♪

中学歴史はこれでマスター!
公立高校受験レベルは全網羅してるので、中間・期末試験にも使えます♪

※YouTubeのメンバーシップ画面へ移ります