1858年の語呂合わせ!『人は怖がる〜』ラップで覚える!

Co.慶応
どうも、お勉強ラッパーCo.慶応です。
お勉強ラップ100本以上、チャンネル登録者約7万人のYouTubeチャンネルを運営しています。

日本史の年号語呂合わせは、全部ラップにしてるので是非参考にしてね!
※『ラップで覚える中学歴史

1858年の語呂合わせ!

1858年の語呂合わせ

1858[人は怖がる] から反省の対象!

井伊直弼さん!安政の大獄

1858年の出来事

1858年、安政の大獄が起きました。
幕府の開国政策に反対するものが多かったため、大老の井伊直弼が大名、武士、公家などを厳しく処罰しました。

〜関連サイトをご紹介〜

安政の大獄(あんせいのたいごく)とは安政5年(1858年)から安政6年(1859年)にかけて江戸幕府が行なった弾圧。 当時は「飯泉喜内初筆一件」または「戊午の大獄(つちのえうまのたいごく、ぼごのたいごく)」とも呼ばれていた。

幕府の大老・井伊直弼や老中・間部詮勝らは、勅許を得ないまま日米修好通商条約に調印し、また将軍継嗣を徳川家茂に決定した。安政の大獄とは、これらの諸策に反対する者たちを弾圧した事件である。弾圧されたのは尊王攘夷や一橋派の大名・公卿・志士(活動家)らで、連座した者は100人以上にのぼった。

実際には井伊直弼が全ての命令を発したが形式上は第13代将軍・徳川家定が台命(将軍の命令)を発して全ての処罰を行なったことになっている。
ただし、家定の台命として行なわれたのは家定死去の直前である7月5日、尾張藩主・徳川慶勝や福井藩主・松平慶永、水戸藩の徳川斉昭・慶篤父子と一橋慶喜に対する隠居謹慎命令(慶篤のみは登城停止と謹慎)だけであり、大獄の始まる初期のわずかな期間に限られる。

安政の大獄|wikipedia

Co.慶応
ラップで覚えると、さらに覚えやすいよ!
こんな感じ!聞いてみて!
〜ラップver.〜

ラップで覚えるポイント!

1858年の語呂合わせ

1858[人は怖がる] から反省の対象

井伊直弼さん!( 安政の大獄 )

反省の対象」と「安政の大獄」で韻を踏んでる(響きが似てる。どちらも母音が”あんえい・お・あいおう”)ので、音楽を聞いていれば、自然と1858年の出来事を口ずさめるようになります♪
井伊直弼がみんなを処罰した旨も歌詞に含めましたので、合わせて覚えちゃいましょう♪

暗記ver.の動画も作ってます♪

1858年の語呂合わせも入った「江戸時代ラップ」(サンプル)

『ラップで覚える中学歴史』

中学歴史の年号・語呂合わせを全て、ラップ聞くだけで覚えられます♪

《サンプル動画》全10曲+おまけ1曲

実際の利用者の定着率はこちら!
年号を言うだけで、すぐにその年の出来事を回答

※音声は出ません。

✔︎YouTubeのメンバーシップにて販売中!
✔︎月額490円
✔︎返金保証付き→ご連絡ください♪

中学歴史はこれでマスター!
公立高校受験レベルは全網羅してるので、中間・期末試験にも使えます♪

※YouTubeのメンバーシップ画面へ移ります