【1901年:八幡製鉄所】の語呂合わせ!『日暮れ一番〜』

Co.慶応
どうも、お勉強ラッパーCo.慶応です。
お勉強ラップ100本以上、チャンネル登録者約7万人のYouTubeチャンネルを運営しています。

日本史の年号語呂合わせは、全部ラップにしてるので是非参考にしてね!
※『ラップで覚える中学歴史

【1901年:八幡製鉄所】の語呂合わせ!

1901年の語呂合わせ

1901[日暮れ一番] ながら建設を

進めてできた!八幡製鉄所

1901年の出来事

1901年、八幡製鉄所の操業が始まりました。
日清戦争の賠償金の一部などをもとに作られました。

国内での鉄鋼生産の大部分を占めるようになりました。

〜関連サイトをご紹介〜

官営八幡製鐵所(かんえいやはたせいてつしょ、かんえいやわたせいてつしょ、The Imperial Steel Works, Japan)は、1901年(明治34年)の明治時代に操業を開始した福岡県北九州市にある製鉄所。
現在は、日本製鉄九州製鉄所の一部。

2007年に構成資産のいくつかが経済産業省の「近代化産業遺産」に認定された。
さらに2015年には、旧本事務所、修繕工場、旧鍛冶工場(福岡県北九州市)、および遠賀川水源地ポンプ室(福岡県中間市)の4資産が「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」(全23資産)の構成資産として世界遺産に登録されている。

官営八幡製鐵所|wikipedia

Co.慶応
ラップで覚えると、さらに覚えやすいよ!
こんな感じ!聞いてみて!
〜ラップver.〜

ラップで覚えるポイント!

1901年の語呂合わせ

1901[日暮れ一番] ながら建設を

進めてできた!( 八幡製鉄所 )

ながら建設を」と「八幡製鉄所」で韻を踏んでる(響きが似てる。どちらも母音が”あああ・えーえうお”)ので、音楽を聞いていれば、自然と1901年の出来事を口ずさめるようになります♪

暗記ver.の動画も作ってます♪

1901年の語呂合わせも入った「明治時代ラップ」(サンプル)

『ラップで覚える中学歴史』

中学歴史の年号・語呂合わせを全て、ラップ聞くだけで覚えられます♪

《サンプル動画》全10曲+おまけ1曲

実際の利用者の定着率はこちら!
年号を言うだけで、すぐにその年の出来事を回答

※音声は出ません。

✔︎YouTubeのメンバーシップにて販売中!
✔︎月額490円
✔︎返金保証付き→ご連絡ください♪

中学歴史はこれでマスター!
公立高校受験レベルは全網羅してるので、中間・期末試験にも使えます♪

※YouTubeのメンバーシップ画面へ移ります