【1912年:第一次護憲運動】の語呂合わせ!『得意に〜』

Co.慶応
どうも、お勉強ラッパーCo.慶応です。
お勉強ラップ100本以上、チャンネル登録者約7万人のYouTubeチャンネルを運営しています。

日本史の年号語呂合わせは、全部ラップにしてるので是非参考にしてね!
※『ラップで覚える中学歴史

【1912年:第一次護憲運動】の語呂合わせ!

1912年の語呂合わせ

1912[得意に] 言い!日々揉めるよ!

立憲政治!第一次護憲運動

1912年の出来事

1912年、第一次護憲運動が起きました。
尾崎行雄(おざきゆきお)・犬養毅(いぬかいつよし)らが憲政擁護を訴えて護憲運動を展開しました。

桂太郎内閣は退陣に追い込まれました。

〜関連サイトをご紹介〜

大正元年(1912年)12月、第2次西園寺公望内閣の陸軍大臣だった上原勇作が陸軍の二個師団増設を提言する。しかし行財政整理によって財源を確保し、日露戦争後の経営の完遂を期す立場であった西園寺はこれを拒否した。すると上原は単独で陸相を辞任した。
当時は軍部大臣現役武官制で現役の大将・中将しか陸海軍大臣にはなれなかった。
この規定により、後任の陸相を据えることができなかった西園寺内閣は、内閣総辞職を余儀なくされた。

西園寺の後継内閣には、陸軍大将の桂太郎が特に詔勅を得て第3次桂内閣を組閣することとなった(このとき桂に対して海軍大臣の斎藤実は「海軍拡張費用が通らないなら留任しない」と主張し、桂は大正天皇の詔勅で斎藤留任にこぎつけている)。
これを、山縣有朋の意を受けた桂が陸軍の軍備拡張を推し進めようとしたものとみなし、議会中心の政治などを望んで藩閥政治に反発する勢力により、「閥族打破・憲政擁護」をスローガンとする憲政擁護運動(第一次)が起こされた。

護憲運動|wikipedia

Co.慶応
ラップで覚えると、さらに覚えやすいよ!
こんな感じ!聞いてみて!
〜ラップver.〜

ラップで覚えるポイント!

1912年の語呂合わせ

1912[得意に] 言い!日々揉めるよ!

立憲政治!( 第一次護憲運動 )

言い!日々揉めるよ!」と「(だ)一次護憲運動」で韻を踏んでる(響きが似てる。どちらも母音が”いいいい・おえうお”)ので、音楽を聞いていれば、自然と1912年の出来事を口ずさめるようになります♪
立憲政治を擁護する運動だった旨も歌詞に含めましたので、合わせて覚えちゃいましょう♪

暗記ver.の動画も作ってます♪

1912年の語呂合わせも入った「大正時代ラップ」(サンプル)

『ラップで覚える中学歴史』

中学歴史の年号・語呂合わせを全て、ラップ聞くだけで覚えられます♪

《サンプル動画》全10曲+おまけ1曲

実際の利用者の定着率はこちら!
年号を言うだけで、すぐにその年の出来事を回答

※音声は出ません。

✔︎YouTubeのメンバーシップにて販売中!
✔︎月額490円
✔︎返金保証付き→ご連絡ください♪

中学歴史はこれでマスター!
公立高校受験レベルは全網羅してるので、中間・期末試験にも使えます♪

※YouTubeのメンバーシップ画面へ移ります